若年性更年期障害

若年性更年期障害の症状とは?

 

イライラしたり、顔がほてる、手足の冷えやしびれ、動悸に息切れ、理由も無く落ち込んだり、めまいがするなど50歳前後の更年期と呼ばれる時期に起こる体調不良があります。これは、閉経後に伴って卵巣の機能が低下して女性ホルモンであるエストロゲンが減ることによって起こります。
通常は40代後半から50代くらいの女性に見られる症状ですが、近年では20代、30代の若い女性にも現れる若年性更年期障害が増えてきています。一般的な更年期障害と同じ症状が発症します。
これは、ストレスや無理なダイエット、食事を含めた不規則な生活、体のラインを見せるような薄着や肌の露出が多いため体が冷えてしまうことによって起こります。また、タバコなどの刺激もホルモンバランスを崩す原因のひとつです。
治療方法としては、女性ホルモンを補充することによってホルモンバランスの調整を行なったり、体質改善を目的とした漢方薬を処方するなどのほか、自分でできるものとして十分な睡眠時間をとる、ストレスは発散する、リラックスする時間を作ったり、運動を行なうことで心身を整える、ホルモンバランスを整えられる食事をするというケアが行なえます。
特に生理不順や無月経などの症状が出た場合、早めに治療しなければ回復しないケースもあるため早めに産婦人科を受診することをおすすめします。

 

 

更年期障害の症状